金スマで紹介されたナトリウムによる高血圧予防法

生活習慣病の初期症状として起こるのが血管の動きが悪くなることでより強い力で血液を送ることで血管に負担のかかる高血圧ですが、その高血圧の原因の一つとしてあるのが塩分の取り過ぎです。塩分摂りすぎで高血圧が起きる原因には、塩分に含まれているナトリウムが関係しています。ナトリウムは体の機能を調節し生命活動の維持に必須のミネラルで、その効果としては体内の水分を保持することで全身の細胞の活動を手助けするのと筋肉の働きを保つ効果そして神経機能を正常に保つ効果があります。そのため本来ナトリウム自体は必要不可欠ですが、先に言ったとおりに塩分の取り過ぎると血液中に流れ込む量も増えることで、その増えすぎた量を体がバランスを取るために血液中に体の細胞内の水分を多く流し込んで薄めようとすることで血液の流れが速くなりすぎてしまい押し出す血液の量が増えてしまい高血圧になりやすくなるのです。高血圧を放置すると血管が破れたりまた血管内に溜まった老廃物が心臓や脳に達する梗塞を起こす危険性があるため、その状態を改善する必要があります。その方法の中で金曜日に放送している情報番組金スマで紹介された予防法が手軽である注目されています。その金スマで紹介された高血圧予防法としてあるのが果物であるキウイを食べることです。キウイには果物の中でも特にカリウムという成分が含まれている事が良いとされ、カリウムには体内の水分バランスを調節し体に過剰に残ったナトリウムを排泄してくれる効果を持ちます。そして金スマではキウイの効果として、高血圧の原因には老廃物がたまって血流が悪くなることもあるのでキウイには体内を改善するビタミンや酵素そして食物繊維が含まれているので老廃物を外に出すことで予防に効果があります。