頭痛を伴う病気には脳梗塞、くも膜下出血などがあります

頭痛とは、その名の通りに頭に痛みを感じるという症状の事を言います。
一言に頭痛と言っても、その種類は実に様々で慢性的なありふれた種類のものから、放っておくと命に関わるような重いものまであります。

頭痛の起きる原因としては、偏頭痛の原因となる血管拡張や、精神や筋肉の緊張、耳・鼻等の疾患に関連するもの等があります。
これらは薬等の治療によって、ある程度治す事は可能で、命に関わるような思い頭痛とは別物です。

しかし、それ以外で命に関わるような頭痛を伴う病気として有名なのが、脳梗塞やくも膜下出血等の疾患です。

いつもとは違う激しい頭痛に襲われた時に、まず疑われるのがくも膜下出血です。
くも膜下出血とは、脳動脈瘤の破裂等によって血管が破れて、脳を覆うくも膜と軟膜の間に血液が溢れてしまう病気です。
処置が遅れると死に至る可能性もあります。
この時の頭痛は今まで経験した事のないような激しい痛みで、よく「バットで思いきり殴られるみたい」と形容されます。

くも膜下出血以外で疑われる病気の一つに脳梗塞があります。
脳梗塞は脳の主要な血管が血栓等で詰まり、そこから先に血液が送られなくなってしまう病気です。
体の麻痺や記憶障害等が起きる可能性があります。

これらの病気は一刻も早い病院での処置が生死を分けます。
頭痛が起きたら、それがどんな種類なのかを判別して、正しい行動をする事が大切です。