血圧が高いことによって偏頭痛を伴います

血圧が高い場合、偏頭痛を伴う事があったり、吐き気や眩暈等が起こる事があります。
このように高血圧の人は、日頃から血圧のコントロールが必要になります。
高血圧の治療薬として用いられる薬には、ノルバスクといった薬等が用いられます。
高血圧治療薬にはそれぞれ特徴があるので、症状に合わせた薬を服用する事が大切になります。
薬については、主治医と相談しながら決める事が大切です。
しかし高血圧の人は長期間薬を飲み続ける必要があるので、日頃からの生活習慣を見直す事も大切です。
また毎日決まった時間に血圧を測定するなどして、日頃から自分の血圧の値について把握しておく事も重要です。
一般的に血圧は、朝に測定した方がいいとされています。
血圧は1日のうちに変動が激しく、朝起きてまだ活動していない状態の時に測定する方が正しい値を出しやすいからと言われているからです。
そのため毎朝測定する事で、薬によるコントロールが図れているのかを確認する事ができます。
ノルバスクは朝に内服する事が多い薬です。
高血圧の薬には朝に服用する以外にも、夕方に服用する薬もあります。
これは、1日のうちで血圧が高くなる時間帯に服用する事で、血圧を安定させる事ができます。
服用する時間帯については決まっていますが、もし飲み忘れた時には、気付いた時に服用する事が大切です。
しかし、前日の分をまとめて服用する事は危険です。
このように毎日薬を服用していても、治療開始直後などは血圧が安定しない事が多いです。
このような時には毎日の血圧の変動について主治医に報告し、薬の変更や増量等を検討してもらう必要があります。
血圧をコントロールする事で、心疾患や脳疾患を予防する事ができるので大切です。
アムロジピン 添付文書をご確認ください。

■新しい高血圧症の薬
ミカルディス
■従来の薬の方が安心という方向け
アダラートで安定した血圧を保つ
■世界的に名を知られている高血圧の治療薬
ノルバスクの詳細